短縮URL転送について

転送後のURL表示方式には実URL表示とここで説明する短縮URL表示があります
実URL表示は単純な移動と考えていただければ結構であり、転送後においてブラウザのURL欄(アドレス欄)には転送先の本来のURLが表示されます。

これにに対して短縮URL表示では転送後もブラウザのURL欄(アドレス欄)に短縮URLが表示されたままとなります。
(機構的にはフレームを用い、当サイトの側で表示されるフレームの内部に転送先の内容を表示させています。)
この場合はブックマークも短縮URLでなされますので、転送先URLの変更もブックマークしていただいた方に何の迷惑もかけずスムーズに行うことができます。

このように便利な短縮URL表示ですが、ひとつだけ欠点があります。
そればリンクをたどって外部のサイトに移動した時でもブラウザのURL欄に短縮URLが残ってしまうことです。
しかし、ご安心下さい。比較的容易に解決できます。
(ただし、以下の解決法はページにフレームを利用していない場合に限ります。フレームを使用している場合にはフレームの機能を充分理解されている場合に限り短縮URL表示をご利用下さい)

外部へのリンクが存在するページのヘッダ部(<head>と</head>で囲まれた部分)に
<base target="_top">
と1行入れるだけでOKです("_top"の最初の"_"にご注意ください)。
そのようなページがたくさんある場合には転送先のページだけに入れてください。

ただし、転送先のページの表示にCGIを利用している場合にはCGI プログラムのソースコードあるいはCGI から読みこまれるデータファイル(HTMLのテンプレートとなるファイル)を書きかえることが必要となる場合があります。

TOP
[Link]